スマイル

うつ病の症状を把握しよう|ココロのキズ早期回復

精神的ストレスの対処方法

カウンセリング

ストレスの緩和

最近ではうつ病の症状の人が急増していることもあって、精神的ストレスの問題が社会的に注目されるようになっています。薬に頼らないといけないほど、弱い人間じゃありませんと言う人もいます。しかし、薬物治療を受ければ、精神的な刺激が緩和され、元気になることができます。うつ病の患者は、自分が拒絶されるのではないかと心配して人間関係に極端に敏感になっています。うつ病になると、いつも以上に真面目で几帳面になるために、なかなかゆっくり休むことができないです。そこで患者自身が納得していないのに無理やり連れてきたりすると、医師としても困ります。また失恋して恋人と別れなくてはならなくなったとき、落ち込んで悶々と悩みます。そのような場合には、普段よりも疲れやすい日常の活動をすることです。具体例としては買い物や宿題に料理などをやり始めたり、やりとげるのに大きな努力が必要なことをします。しかしエネルギーがないという理由だけで、日常の活動のほとんどが実行できない場合があります。そこで症状がうつ病のときに生活がどのように変わることで、将来に対する考えを問いかけながら書き出していく方法があります。

ストレスの治療

うつ病の症状のときには気分安定薬に非定型抗精神病薬を合わせて服用することで治療効果が高まります。そして、ひとつの薬で効果がないときには別の種類の薬に変更して、副作用を見ながら増量していきます。さらに病状の変化は最初は少しずつ起きてくるので、自分で気づくのは難しい面があります。これを避けるためには周りの人が、早く気がついて治療を勧めることが大切になります。ですから軽い副作用を薬が神経系に作用していることが、臨床的な指標として考えることがあります。そのため自信がなくなり気分が沈み込んでも、不安が強いときには抗不安薬が使われます。うつ病のは信じて相談しているのですから、相談したことが他の人に伝わっていることがわかると傷ついてしまいます。よく知っている環境や人間関係から離れて、新しい環境に入っていくのはストレスを感じます。うつ病は食欲と睡眠という人間にとって、一番大事な欲望の障害で気づかれることが多いです。眠れないという症状が一週間以上続く場合には、専門家で受診することが大切です。