スマイル

うつ病の症状を把握しよう|ココロのキズ早期回復

体に不調を感じたら

カウンセリング

落ち込みが回復しない

最近はうつ病という言葉をよく耳にするようになってきているのです。それくらい誰にでも起こりえる身近な病気と言えるでしょう。人間は日常の中の様々な出来事に落ち込むことがあるのです。しかし数日すると、落ち込みや憂鬱な気分は自然と回復することが多いでしょう。うつ病になると、いつまでも気分は回復せず憂鬱感や落ち込みが長く続くのです。症状が悪化すると眠れない、眠ってもすぐに目がさめるなどの睡眠障害があらわれるでしょう。何を食べても美味しくない、食欲がない、味が分からないなどの食欲減退や体重減少も見られるようになるのです。常に体がだるい、疲れやすい、動悸、めまい、しびれ、頭痛、便秘、下痢なども起こりやすいのです。精神症状では孤独感、無力感、不安感、やる気がおきない、何をするのも億劫、決断力がない、集中できない、考えが前に進まないなどがあらわれるようになるのです。うつ病を予防するには、ストレスをためないことが大事なのです。規則正しい食生活を送り、十分な睡眠をとるように心がけましょう。

病気になりやすい性格

うつ病になりやすい人には特徴があるのです。責任感が強い、几帳面、完璧主義、向上心が強い、仕事熱心、悲観的、正義感が強い人などはうつ病になりやすい傾向があると言えるでしょう。それ以外にも身近な人の死、引っ越し、結婚、転職、リストラなどをきっかけに病気を発症させてしまうこともあるのです。体や心に不調を感じても、放っておくと病気は悪化してしまうこともあるのです。変化を感じたらすぐに病院にいくようにしましょう。うつ病は早期治療により治る確率は高くなるのです。治療では、カウンセリングや薬物療法などが行われるでしょう。ゆっくり休養することが大切なので、自分からやる気が沸いてくるまでは焦らず過ごすことが大切です。症状が良くなったからといって、自分の判断で治療をやめてしまうことは危険でしょう。うつ病は完治するまでに長い年月がかかるのです。根気よく病気と付き合っていくようにしましょう。うつ病の人と接する時は、聞き役になってあげるといいでしょう。アドバイスをすることで自信を失ってしまい症状が悪化する場合もあるのです。