スマイル

うつ病の症状を把握しよう|ココロのキズ早期回復

心も体も負担になります

婦人

意欲が減退する病気です

気分が優れずやる気が起きないことは誰にでもあります。楽しいことがあれば嫌なことも忘れまたやる気を取り戻しますが、うつ病になると慢性的に抑うつ状態が続き、さまざまな症状が現れていきます。自分や周囲に関心が無くなっていくために日頃から綺麗な身なりをしている人が服装に頓着が無くなったり、物忘れが多くなり集中力が低下していきます。職場では何度もミスを指摘されて治そうとしてもまた同じ間違いを繰り返すような場合、うつ病の症状がそのようにさせていることも考えられます。うつ病は本人のやる気の問題ではなく、脳内の情報を伝達する物質、例えばセロトニンやノルアドレナリンといった感情をコントロールする神経伝達物質の乱れから生じていきます。そのため感情面に覇気がなくなり、知らない人から見るとやる気のなさを感じてしまうこともあります。周囲の人、特に家族は日頃から見ているためその異変に気が付く機会があります。本人は自分の苦痛を周囲に漏らさず我慢している場合、家族の助言がとても大切になります。心療内科を受診の際には付き添っていけると心強いものです。

心を整えましょう

うつ病は精神的苦痛を想像しますが、精神的ストレスから身体的不調を訴える事が多くあります。頭痛やめまい、耳鳴りなど体の不調を訴えるシグナルが鳴ると、最初に内科を受診します。内科は循環器系内科や消化器系内科のように体の場所別に科を設けています。原因がわからずして発症している場合には他の科と連動して治療に当たります。心療内科はこのような原因不明の症状を精神面から治療をしてくれます。神経伝達物質の動きを整える薬物療法だけでなく、否定的な思考に縛られているひとにカウンセリングによって柔軟な考え方を取り戻していきます。認知行動療法には慢性的になったネガティブ思考を中長期に渡り改善させていきます。更年期になると体の不具合と共に自律神経の病気が発症することがあります。全ての人ではありませんが更年期障害によるうつ病は、抗うつ薬を使用して精神面のケアをすることも大切です。生活環境が極端に変わったりするとストレスも感じやすく症状を悪化させる恐れもあるため、日頃からリラックスできる空間を作り自分の生活環境を整えながら予防していきましょう。