スマイル

うつ病の症状を把握しよう|ココロのキズ早期回復

不安や落ち込みの原因は

医者と看護師

脳の血流改善には磁気刺激

うつ病の症状の中には、憂うつになることが増えてちょっとしたことでもひどく落ち込んだり、何事に対しても意欲がわかなかったりするというものがあります。こうした症状のきっかけとなるのはストレスですが、そのストレスに対処しきれずに過ごしていると症状が次第に深刻化していきます。そのような状態になっているとき、脳の中では記憶や創造・思考・コミュニケーション能力などをつかさどる部位の血流が低下しています。うつ病で落ち込むのは単なる気持ちの持ちようの問題ではなく、脳に起こっている現象の影響でもあるのです。こういった症状に対しては、磁気刺激治療(TMS)が有効です。磁気刺激治療を行うと、低下していた脳内の血流を改善することができるからです。うつ病の大部分はストレスが引き金となって起こりますが、中には身体の病気に原因が潜んでいるタイプのうつ病もあります。これは身体因性うつ病と呼ばれています。このタイプのうつ病の原因となる病気には、アルツハイマー型認知症や甲状腺機能障害などがあります。

ドーパミンなどの伝達物質

うつ病の症状のうち代表的なもののひとつが無気力感です。仕事や家事や学習が全く手につかず、自分自身や家族など周囲の人が何かおかしいと感じてはじめてうつ病にかかっていることに気づく場合もあります。こうしたうつ病患者の脳では、血流の低下とともにある神経伝達物質の減少が起こっていることがあります。その神経伝達物質とは、セロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンなどです。セロトニンは精神を安定させる作用があるため、不足するとうつ病の症状が現れます。これに対してドーパミンは、精神を落ち着かせるセロトニンとは異なりむしろ行動や学習、意欲などの前へと向かっていくエネルギーを出すもとになる働きをしています。ノルアドレナリンも、怒りのホルモンや戦いのホルモンなどと呼ばれるように、身体を緊張させたり興奮させたりする作用を持っています。うつ病は先進国に多い病気とされ、発展途上国や戦時下などの厳しい状況では患者数が少ないといわれています。戦時下においてはいつ敵の急襲があるとも知れず、そのため脳では常にノルアドレナリンやドーパミンが分泌されていると考えられます。したがって日本のような先進国の場合には、この先もうつ病患者が減ることは考えにくいとされています。